容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

特攻隊用の短刀

  1. 2010/10/27(水) 16:34:47|
  2. 短刀|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
特攻隊用短刀身は、東京・秋葉原に在った「陸海軍御用鞘師(佐官待遇)の処に軍未納品として残っていた刀身である。

陸軍省から300本の刀身が届いたが、空襲の危険逆援助を避ける為にこれらの短刀は疎開先に移動されていて焼失を免れた(鞘師の家は全焼)。

白鞘の作成が間に合わず終戦を迎えて軍未納となった。
白鞘と刀身茎に「ホ八」と印されている。

手作り刀身である為、一振り毎に出来が違うので茎と白鞘に識別記号を付けた。
仙台の振武刀製作会社でも「特攻隊用振武刀短刀身」が造られていた。

ハバキは木製。
特攻隊用自決短刀は「朴の木の白鞘」が正式。
刀袋に入れて特攻隊員に授与された。

海軍「回天」特攻隊員への授与は、当時の写真等でも明らかだが、
陸・海航空特攻隊員への授与は確認できていない。
陸軍も「特攻隊用短刀」を準備していた事は新たな発見である。

陸軍航空特攻向け限定かどうかは不明。
本土決戦準備として各種特攻を想定していたのであろうか。

日本が非常に恐ろしい時代である。
日本政府って言うのはかなり恐ろしい政治をしている時代ですね。

DTIブログって?

次のページ